FC2ブログ
topimage

2021-03

サパーズ・レディ - 2021.01.23 Sat

s-サパーズ・レディ

 今回は本当にプログレの紹介です。

・「フォックストロット」(1972)ジェネシス

 イギリスのプログレッシヴ・ロックのバンド・ジェネシスの4作目のアルバムで、ドラムスにフィル・コリンズとギターにスティーヴ・ハケットが参加してからは2作目にあたる。前作のちょっとおどろおどろしい幻想性をさらに発展させたような作品になっている。
 聴きどころは大曲「サパーズ・レディ」で、曲が目まぐるしく変化し、摩訶不思議な世界を作っている。演奏も非常に印象に残る。この曲でスティーヴ・ハケットが弾いているのはタッピング(ライトハンド奏法)だと思われるのだが、現在なら当たり前だがこれは1972年の作品である。前作の「ナーサリー・クライム」が初めて録音されたタッピングだといわれる。

 ところで、2021年の1月にスティーヴ・ハケットの新作「紺碧の天空(Under A Mediterranean Sky)」が出ました。
 今回は地中海をテーマにしたアコースティック・ギター作品ということですが、想像していたよりもシンフォニックな感じの作品で、意外にギター以外の音の比重が高いです(特にキーボード系)。よくも悪くもかつてのクラシック・ギター作品である「ベイ・オブ・キングス」や「モーメンタム」の持ち味だった静かで暗く沈んだ孤独感のようなものは後退していて、ドラマチックでバラエティに富んだ音楽になっています。
 ギターはものすごく上手いです。
 エキゾチックな部分も目立ちます。特に「修道僧と魔人(The Dervish And The Djin)」の異国的な雰囲気が印象に残りました。




フォックストロット - 2021.01.14 Thu

s-フォックストロット2
 記事のタイトルで誤解された方もおられるかもしれませんが、今回はプログレの紹介ではありません。
 今回のテーマは最近本屋で買って読んだ本の話で(先月だったかな)、「石平の眼 日本の風景と美」(石平、WAC)に関する話です。日本のさまざまな風景写真が載っていて、それにまつわる文化論を展開していくというものです(この本の写真のほとんどは著者自身の手によるものです)。
 読んで感じたのはまずテーマがはっきりしていて読みやすいということと、あと著者の人柄ですね。「この本を書いた人はここに乗っているような日本の風景や文化が本当に好きなんだなあ」という気持ちが強く伝わってきます。
 私もこの本で日本の文化を学ぼうと思います。

未来への回帰 - 2021.01.12 Tue

s-未来への回帰
思い出せ。
未来を思い出せ。
未来の記憶を思い出せ。
過去を夢見るな。

あけむす - 2021.01.01 Fri

s-あけむす
明けましておめでとうございます。
…といっても前の記事を投稿してからまだ1時間もたっておりませんが。

今年もよろしくお願いいたします。

ねこみそめ - 2020.12.31 Thu

s-ねこみそめ2
 猫と味噌煮込み。

 年末は第九を聴いていました。
 第九といってもこの場合ベートーヴェンのそれではなくブルックナーの第九ですが。
 ちなみに私の所持するCDは補筆完成された第4楽章が収録されております。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (20)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (47)
イラスト(白黒) (125)
キャラクター (21)
音楽 (25)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (5)
水彩 (10)
鉛筆、色鉛筆など (14)
切り絵 (9)
世界の文化 (3)
神秘思想 (5)
昔の作品 (22)
アニメーション (9)
らくがき (5)
未分類 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR