topimage

2018-02

となりの柿は - 2017.10.29 Sun

s-となりの柿は

隣の柿はよく客食う柿だ。

クー・クー - 2017.10.14 Sat

s-クー・クー
「クー・クー(El Helwa Di)」に合わせた踊り

2013年の10月に始めたこのブログもここまで続けることができました。
これからもよろしくお願いします。


蛇行 - 2017.09.29 Fri

s-蛇行
ひどい煙のせいでこれ以上進めない。
だってわたしの人生の忘れ物を回収しようにも
たまりにたまったものが噴出する寸前だし、
そうまでして山に登ることに、そもそも意味などあるのだろうか
家族や友人、恋人などを得る機会を捨ててまで。
汽車よなぜ泣く。
自分の心がわかって恐ろしいの?
でも、この汽車がどこから来たのか確かめるまでは
まだまだあの世へ行けないと思っているのです。

↓ニュー・トロルス「蛇行」(「エッフェ・エッセ」から)

虫下し - 2017.09.15 Fri

s-虫下し
女体を狙う虫を下す魔器。
弾いているのはラーション(Lars-Erik Larsson 1908-1986)のバイオリン協奏曲。


↓こちらはサクソフォン協奏曲

幻の映像 - 2017.08.31 Thu

s-幻の映像
もはや自分が誰なのか、何をしていたのか思い出せない。
誰かを探していたような気もするがわからない。
おへその下で、何やら怖いような、何かが抜き取られるような感じがして、
玉のようなものが体から出ていくような。
オタマジャクシの嘆きが君にも伝わるだろ。
あんなに色があせてしまうなんて…
夢の珠たちは僕を置いてどこへ行ってしまうのか
愛情の珠、勇気の珠、無欲の珠、勤勉の珠、それから、希望…
向こうで渦に巻き込まれているのは誰だろう。
どこかで見かけたような。
向こうの幻の映像はあの世だろうか。
それとも目的地か、あるいは故郷?
僕はフィルコだったっけ?
カルトのうずしおの中に、下半身がしびれ、頭もしびれる。
だが、僕は何があっても使命を果たしてみせる。
それが僕のモモローグ
そして狸たちは旧街道に横たわる。

↓プレミアータ・フォルネリア・マルコーニの「人生は川のようなもの」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (18)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (24)
イラスト(白黒) (60)
キャラクター (20)
音楽 (14)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (4)
水彩 (4)
鉛筆、色鉛筆など (10)
切り絵 (4)
世界の文化 (3)
神秘思想 (3)
昔の作品 (11)
アニメーション (3)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR