topimage

2017-06

ラフレシアの飛行 - 2014.05.24 Sat

s-ラフレシアの騎行
 事態を重く見た市長は調査隊を形成し、町を調べさせた。調査隊が今では砂になってしまった海のあたりを調査していると、誰かが砂の海でうろうろしているのに出くわした。

 それは男と奇妙な少女だった。男はガラスでできていた。調査隊がガラス男に話を聞いたところ、男は惑星メンドークから来た旅行者で、自分の宇宙船を探しているということだった。宇宙船に乗って地球の空を航行していたところ、奇妙な雪だるま型の隕石に衝突し、その衝撃で宇宙船と離れ離れになってしまったのだという。宇宙船は蝋で固めた花なのだそうだ。

 「そういえば、市の遺失物保管所に、巨大なラフレシアの彫像があったような気がするが…」
 確認すると、それはまさしくメンドーク星の宇宙船であった。
 「助かりました。私はメンドーク星の植物学者でして、いろいろな植物を研究するために、星から星へと旅をしているのです。地球にやってきたのは、この星のカビのサンプルを採取するためでした」
スポンサーサイト

トラックバック

http://nougakudou0509.blog.fc2.com/tb.php/54-efd5106a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハルの祭典 «  | BLOG TOP |  » 面倒くさい都市

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (18)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (20)
イラスト(白黒) (46)
キャラクター (15)
音楽 (14)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (4)
水彩 (4)
鉛筆、色鉛筆など (10)
切り絵 (4)
世界の文化 (3)
神秘思想 (2)
昔の作品 (3)
アニメーション (2)
未分類 (0)

pixiv

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR