topimage

2017-08

面倒くさい都市 - 2014.05.18 Sun

s-面倒くさい都市

 昔オノノコの町に巨大な隕石が落下した。隕石は砂糖でできており、雪だるまの形をしていた。隕石は海に落下し、海を甘くした。
 これと時を同じくして町に大量のカビ人間が発生した。カビ人間たちの言葉は町の人間には一言も分からなかったが、別に悪さをするわけでもなく有毒な物質が含まれているわけでもなかったので、人々は彼らのしたいままにさせておいた。
 カビ人間の胞子がどんどん町中に蔓延していった。それを吸った人々にはある変化が現れた。もともとこの海辺の町の人間は気性が荒く、しょっちゅう喧嘩騒ぎを起こしていたのだが、そういうことがおこらなくなっていったのである。

 その一方で人々は原因不明の無気力状態に陥っていった。何もする気にならない気持ちが極限まで達すると、その生き物は石になる。町では人も犬猫も草花も、それどころか魚まで石になった。
急激にさびれていく町を見たカビ人間たちはこのオノノコ町に見切りをつけ、もっと豊かな住みやすい土地へと移動していった。
 カビ人間たちがいなくなってからも、人々の無気力と石化の病が治ることはなかった。
スポンサーサイト

トラックバック

http://nougakudou0509.blog.fc2.com/tb.php/53-b7965c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラフレシアの飛行 «  | BLOG TOP |  » プリン押し海岸

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (18)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (21)
イラスト(白黒) (49)
キャラクター (19)
音楽 (14)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (4)
水彩 (4)
鉛筆、色鉛筆など (10)
切り絵 (4)
世界の文化 (3)
神秘思想 (2)
昔の作品 (3)
アニメーション (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR