topimage

2017-08

ポセイどんのねむり - 2014.02.04 Tue

s-雪
 夢の中で、上司の水道実験場(ということになっている見知らぬ屋敷)に入った私はそこで女を見たようだった。
 「おばんです」と私が言うと、「それ」が言った「そろそろ決心がついたのかい」。
 ここで思い出した。私は「それ」に食われようか、食われるのをやめようか、保留にしていたのである。
 しかし私としては内心食われるべきではないと思っていた。というのもここにいる生き物は、人を食べることによってエネルギーをつけて世の中に悪事を行う存在だからだ。このままほうっておくと、悪が行われてしまう。
 それで私は、食われるかわりに雪をまくことにした。私の妹は先日マグロを産んだのだが(一体父親は誰なのだろうか)、出産祝いのとき、妹が私に雪をくれたのをたまたま持っていたことを思い出したのだった。私は部屋中に雪をまきはじめた。
「枯れ木に花を咲かせましょう」
 私はこのとき、ナメクジは雪に触れると溶けてしまうことを思い出していたのだった。
スポンサーサイト

トラックバック

http://nougakudou0509.blog.fc2.com/tb.php/34-281629da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

底冷え «  | BLOG TOP |  » 過ぎ去りし日々の幻影

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (18)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (21)
イラスト(白黒) (49)
キャラクター (19)
音楽 (14)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (4)
水彩 (4)
鉛筆、色鉛筆など (10)
切り絵 (4)
世界の文化 (3)
神秘思想 (2)
昔の作品 (3)
アニメーション (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR