topimage

2017-08

ふみきり犯科帳 - 2015.09.23 Wed

s-ふみきり犯科帳
女密偵の「おまた」は火付盗賊改方の長官タイラ・ローマンバッハに呼ばれた。
 何でも最近「みのむし街」のゴーヤ通り近くで夜な夜な女が襲われるらしい。今のところは全て未遂に終わっているが、目撃者の証言によると、犯人は複数であるという。

「 “種をつける会”などと物騒な名前を自分から名乗ったそうだ。これ以上の被害を防ぐためには、お前の股で賊どもをおびき寄せる作戦がいいのではないかと思うのだが…」
「たしかに、それが最もよろしいのではないかと存じます」
「決まって踏み切りの近くに出るそうだ。目撃者たちは口をそろえて、賊どもは妖怪変化魑魅魍魎の類だと述べておるが、意味がよくわからぬ。お化けなどというものが実在するとも思われぬのだがなあ」
「え?お化けっていないんでござんすか?」
「危険な役目だが、引き受けてはくれぬか。むろんいつでも助けられるよう、我々がひそかに張り込んでおく」
「願ってもないことでござんす。街の安全のためには、たとえこの命散っても惜しくはござんせん」
「あのゴーヤ通りはおそろしくゴーヤ臭い。くれぐれも気をつけるようにな」

 それで毎晩飴売りに化けて踏み切りに立っているのだが(こんな遅くに飴など買う人もあるまいと思われるが)、賊はぱったりと出なくなってしまった。いくら踏み切りに立っても、誰も見かけないし、何も見かけない。
(注:ここでなぜかジプシー・キングスの「インスピレイション」が流れる)
スポンサーサイト

トラックバック

http://nougakudou0509.blog.fc2.com/tb.php/131-273835d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コルトキコ «  | BLOG TOP |  » ダルブッカ・ダルブッカ

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (18)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (21)
イラスト(白黒) (49)
キャラクター (19)
音楽 (14)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (4)
水彩 (4)
鉛筆、色鉛筆など (10)
切り絵 (4)
世界の文化 (3)
神秘思想 (2)
昔の作品 (3)
アニメーション (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR