FC2ブログ
topimage

2021-02

海立ち - 2021.02.21 Sun

s-海立ち

・「フラット・タイア」(2001) アラン・ホールズワース
 
 この作品はあまり評価する声を聞かない。残念なことだ。
 確かにこの作品はよくも悪くもあまりに透明感が強すぎて、多少暗さや影の要素が希薄な面はあると思う。ただ、それを含めてこの人の音楽の持ち味でもあるような気がする。
 この作品は曲の構成が工夫されていて、純粋に聴いて楽しめる作品になっていると思う。ホールズワースの他のソロ作品とはちょっと違った感じの作品で、あまりバンド的な作品ではない。ギター・シンセサイザーのシンタックスを中心としており、それ以外の楽器はあまり入っていない。シンフォニックで広がりを感じる不思議な音世界である。アラン・ホールズワースの音楽の持ち味である、特殊な和音の響きによる透明感が非常によく出ていて、聴いていて非常に心地よい。私は一部ラウタバーラのピアノ・ソナタ第1番「キリストと漁夫」を連想した。
 この方には「超絶技巧ギタリスト」というレッテルがずっとついてまわっていた(事実そうではあるが)。それはそれでいいとして、私はそれとは別に、まったくエレクトリック・ギター(楽器)を弾かない方にも、純粋に音楽としてこの作品を紹介したいという気持ちが強い。この人の作品は、楽器を弾かない人間が聞いても楽しめるものを持っていると思う。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (20)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (47)
イラスト(白黒) (125)
キャラクター (21)
音楽 (25)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (5)
水彩 (10)
鉛筆、色鉛筆など (14)
切り絵 (9)
世界の文化 (3)
神秘思想 (5)
昔の作品 (22)
アニメーション (9)
らくがき (5)
未分類 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR