topimage

2016-01

東の人魚 - 2016.01.25 Mon

s-東の人魚
日の出の方角の人魚
スポンサーサイト

沈める寺 - 2016.01.19 Tue

沈める寺
 ホンダーラにあるヴェーベルン寺は正義の士たちにとっての道しるべだ。本物の冒険者たちはよく相談を求めてこのヴェーベルン寺院を訪れる。
 ここは許された者しか入ることが許されない神秘の空間である。悪い心を持ちながらそれを隠して助言を求めに来る者は、その悪い心が見破られてしまう。よこしまな心で無理に入ろうとすると、寺院の中にキノコのように勝手に生えた「現実の温泉」たちが、その者を悪夢の底に沈めてしまう。ここは沈める寺なのだ。

 壁の向こうがどうなっているのか、一般人には知られていない。その壁には線路が蛇のように走っている。いや逆だった。蛇が線路のように走っている。そしてパイプが時計のように走っている。

 寺院の主・隠者コンパニドールは白竜の白魔術師といわれる伝説上の人物で、本当にそういう人が実在するか否かも定かではない。たた、魔法使いの弟子が寺院の庭をほうきで掃いている姿がときおり見られる。寺院にこびりついた不吉な星の光をはらっているのだ。なにしろここには星々の光が過剰なまでに宅配便で届くのだから。 


ホンダーラ - 2016.01.12 Tue

ホンダーラ
あんた、ホンタ村に行ったことはあるかね?
そこに行けば、どんな便秘も、治るというよ。

砂時計の中に住んでいる、牛みたいに大きなピンクのキリギリスしか、
そこへ行く方法は知らない。
百年に一度出るか出ないかという勇者の中の勇者しか、
その村は見出せない。

おいしいブリ大根で有名なところだよ。
そこでは変なおじさんたちが「春やんた!」って叫んでいるらしいよ。
スベリエ語だから本当にそう発音しているかどうかはわからないけどさ。


フォン・ツァムラの「ツァムララナンマ」より

パレアポリスの笛吹き女 - 2016.01.05 Tue

s-パレアポリスの笛吹き女
鼠は来ないみたいだけど、何か飛んで来ているみたいだよ。


今年もよろしくお願いいたします。 - 2016.01.01 Fri

s-今年もよろしくお願いいたします
 おかげさまで昨年はたくさんの方々にご訪問いただきました。訪問してくださった皆様、足跡を残してくださった方々、拍手してくださった方々に、この場を借りて深くお礼申し上げます。
 このブログもいよいよ3度目の新年を迎えることができました。
 これからもがんばって続けていきたいと思うので、よろしくお願いいたします。

夢の能楽堂

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (18)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (21)
イラスト(白黒) (56)
キャラクター (19)
音楽 (14)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (4)
水彩 (4)
鉛筆、色鉛筆など (10)
切り絵 (4)
世界の文化 (3)
神秘思想 (2)
昔の作品 (7)
アニメーション (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR