topimage

2014-02

波にもまれて・1 - 2014.02.28 Fri

s-波にもまれて1
夢の劇場:「波にもまれて」

数年前、「ねじ式」のパロディとして描き、当時やっていたブログ上で公開した作品です。
スポンサーサイト

ねこにん - 2014.02.23 Sun

s-ねこにん

猫の忍者。
敵の忍者(特に女)の服を一瞬で脱がす術を得意とする。
「くノ一スミレ」と仲が悪い。

 - 2014.02.17 Mon

s-Sなおし
 中央アジア系の少女で、Nの友人。
 性格は静かでおっとりとしている。
 よく小さな鍵盤楽器を弾いている。この楽器はインド楽器のハルモニウムによく似た形をしている。これは厳密に言うとハルモニウムではなく、ハルトロンという珍しい楽器である。
 このハルトロンは世界に数台しかないといわれているもので、かの有名な発明家トゥーランガリラ博士の発明した楽器である。これはメロトロンの音をハルモニウムでも出せるようにトゥーランガリラ博士が開発したもので、弾く曲によっては魔法の効果を出すことができる(ただし演奏者が魔法を使える人間である場合に限られるが)。 


ハルモニウム harmonium

迷宮の都市 - 2014.02.11 Tue

 

 またユーチューブに曲を投稿しました。
 今回はアニメーションをつけました。ちゃんとしたアニメーションの技法や作り方などはまったく知りませんが、見よう見まねでやってみました。
 投稿したものを自分で見て直したい部分がいろいろ出てきたのですが、現時点では直した形のものをすぐのせるのが難しい状況にあります。なるべく来週中には直した形のものを投稿したいと考えています(一応投稿してあるけれども、どうも画質がよくない気がする)。
 このアニメーションを制作する当初の意図は自分が作った曲を紹介することでしたが、アニメーションの都合で曲全体をのせることができませんでした(→原曲はこちら)。

 ここで取り上げた曲は「夢幻のサマルカンド」という曲で、「朝の世界」に入っています。タイトルを変えた理由は、私自身がサマルカンドに行ったことがあるわけじゃなし、リアルに風景を再現する自信がなかったので、架空の世界を舞台にしたからです。こうした理由から映像ではかなりデタラメな世界設定になっています。

 ど素人がやったことなので見苦しい部分が多々あると思いますが、見ていただけたら幸いです。

底冷え - 2014.02.09 Sun

s-底冷え
冬をひとつ。
ソコヴィエの音が響く…。ピゥ。

イメージ:「夏をひとつ」(倉地久美夫)

ポセイどんのねむり - 2014.02.04 Tue

s-雪
 夢の中で、上司の水道実験場(ということになっている見知らぬ屋敷)に入った私はそこで女を見たようだった。
 「おばんです」と私が言うと、「それ」が言った「そろそろ決心がついたのかい」。
 ここで思い出した。私は「それ」に食われようか、食われるのをやめようか、保留にしていたのである。
 しかし私としては内心食われるべきではないと思っていた。というのもここにいる生き物は、人を食べることによってエネルギーをつけて世の中に悪事を行う存在だからだ。このままほうっておくと、悪が行われてしまう。
 それで私は、食われるかわりに雪をまくことにした。私の妹は先日マグロを産んだのだが(一体父親は誰なのだろうか)、出産祝いのとき、妹が私に雪をくれたのをたまたま持っていたことを思い出したのだった。私は部屋中に雪をまきはじめた。
「枯れ木に花を咲かせましょう」
 私はこのとき、ナメクジは雪に触れると溶けてしまうことを思い出していたのだった。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

夢の能楽堂

Author:夢の能楽堂

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マンガ1 (22)
マンガ2 (18)
日没する国の姫君 (46)
イラスト (21)
イラスト(白黒) (52)
キャラクター (19)
音楽 (14)
音楽(オリジナル) (15)
不可能図形 (4)
水彩 (4)
鉛筆、色鉛筆など (10)
切り絵 (4)
世界の文化 (3)
神秘思想 (2)
昔の作品 (4)
アニメーション (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR